タイヤ空気圧警告灯の点灯

走行中にタイヤ空気圧警告灯が点灯しました。

一旦、車を止めて再度エンジンをかけるとこのように「タイヤ空気圧が検知されました 全てのタイヤを点検し、空気圧を保存して下さい!」の表示。

取説によると、タイヤモニタリングシステムを装備し、ABSセンサーにより回転をモニターしているとのこと。

近くのガソリンスタンドに移動し、空気圧を調整します。

空気圧ステッカーは運転席のドアを開けたところにありました。

1列目:大人2人とラゲージルームに荷物が少量積載されている時のタイヤ空気圧

2列目:大人2人とラゲージルームに荷物が少量積載されている時の乗り心地を重視したタイヤ空気圧

3列目:大人5人とラゲージルームに荷物が最大積載されている時のタイヤ空気圧

で前後の空気圧がそれぞれ記載されています。

1列目の値の前250kPa, 後230kPaで調整しました。

最後にタイヤ空気圧警告灯の再設定をします。

Discover Proのタイヤ空気圧警告灯の画面から「SET」を押し、「確認」を押します。

「タイヤ空気圧が保存されました」と表示され、警告灯の表示も消えました。

安全、安心な機能ですね。

タイトルとURLをコピーしました